スコーレコンセプト

Skoleとは、その昔ギリシャに始まりローマに渡った「学校」という営みを今に伝える言葉のひとつです。

 現代は、社会と“自分”、現実と“希望”とのあいだに次第に溝ができ、それがさまざまな局面で「不和・不調」として顕れてきた時代、ともいえるのではないでしょうか?
そうしたチューニングのずれは、ひょっとしたら、私たち一人ひとりのなかでも生じているかもしれません。
そのようななか、医療領域や心的ケアをとおして、「人間にとって苦しみとは?」「どうすれば人と人が豊かに出会えるか?」
といった根本問題が、さまざまな角度から探究されてきました。

 “こころとからだの学校Skole”では、
人の“生きにくさ”への眼差しとともに、人の“心身まるごとの健康”を、ひいては社会・世界との整った関係を、
模索しながら思い思いに集って、体験を共有し、いま-ここの気づきを明日の糧としてゆくことを目指します。

 このような趣旨で“からだとこころの学校Skole”は2016年春に開校しました。
わたしたちの学び舎はこれから、集う一人ひとりの夢によって柱が建ち、屋台骨が創られてゆきます。
皆様の想いが響きあうスコーレが展開しますように...!

セミナー内容

開催中

こころ・からだ・いのちの声を聴く

明日が変わる6つのメソッド

Produced by 池見 陽
第一弾

詳しく見る

2016年8月:受付開始

楽に共感的に聴くコツ エレガントな応答を学ぶ!

傾聴スキルアップ研修

すべての対人援助のためのリスニング・エッセンス
~フォーカシングの心得とともに~

詳しく見る

2016年8月:受付開始

片桐ユズルの“こころに響く”Basic English

からだでまなぶ基礎英語

オール・イングリッシュ& アレキサンダー・テクニーク


詳しく見る

スコーレアーカイブ

6methods 実況レポート

00

2016.11.25 6methods 実況レポート

レポート method 4, class 2 《からだのマインドフルネス》

明日が変わる6つのメソッド 第8回(11月5日)method 4《つながる》 class 2のテーマは“からだのマインドフルネス”です。前月に引き続いて、小室弘毅さんに学びました。―― 先日、出会ったあるお坊さんの動きを見ていて、マインドフルネスと関連して気づいたことがありました。それは「二つのことを同時にしない」と「等速」です。「二つのことを同時にしない」

00

2016.10.28 6methods 実況レポート

レポート method 4, class1 《ヨーガでつながる》

明日が変わる6つのメソッド 第7回(10月1日)method 4 《つながる》 class 1では、小室弘毅さんの導きで、ヨーガに学びました。 小室さんはこの連続コースで毎回、冒頭で、ナビゲーターとして講座と講座の「つながり」を解説してくださっています。折り返しとなった今回、ここまでの学びを振り返っていただきました。―― この講座、題しての【6つの

xx

2016.09.25 6methods 実況レポート

レポート method 3, class 2 《くつろぐ坐禅》

明日が変わる6つのメソッド 第六回(9月3日)method 3 《坐る》class 2のテーマは “くつろぐ坐禅” です。前月に引き続いて、藤田一照さんに学びました。 前回、禅の<調身><調息><調心>の「調」の大切さや、坐禅における仏のはたらき(大自然の「無限」のはたらき)を学びました。 今回の坐禅のアプローチは「くつろぐ」です

photo 1

2016.09.01 6methods 実況レポート

レポート method 3, class1 《坐禅しているのは誰?》

明日が変わる6つのメソッド 第五回(8月6日)method 3 《坐る》の class 1は“坐禅しているのは誰?” というテーマで曹洞宗国際センター所長の藤田一照さんに学びました —— 坐禅というものは、すでに手垢がついていて、皆さんの中で、「こうやるものだ」というものが既にあれば、今日はひとまず置いておいてください。 禅には「行

4th 0

2016.07.25 6methods 実況レポート

レポート method 2, class 2 《「からだ」からのメッセージ》

明日が変わる6つのメソッド 第四回(7月2日) method 2 《気づく》の class 2は“「からだ」からのメッセージ” というテーマで白坂和美さんから“気づき”をサポートするゲシュタルト療法を体験しました。 ゲシュタルト療法は、精神分析医のF・パールズとゲシュタルト心理学者である妻のL・パールズらによって提

6methods ショートストーリー素描

6methods 参加者の声

開催場所

株式会社 創元社

〒541-0047
大阪市中央区淡路町4 丁目3-6 創元社ビル4Fセミナールーム
TEL:06-6231-9090(代) FAX:06-6233-3111

大阪市営地下鉄御堂筋線
「本町」駅2番出口から徒歩5分
「淀屋橋」駅13番出口から徒歩10分

よくある御質問

Q1.参加条件について

こうしたセミナーにはまだ参加したことがありません。からだを使うことにも慣れていないし、坐禅も体験したことがありません。このような初心者でも参加できますでしょうか?

もちろん、ご参加いただけます。各メソッドを体験済の方もご参加になりましょうけれど、今回の連続スコーレでは、ふだん馴染みの少ないメソッドを「初心」で体験していただくことが醍醐味となっています。講師の先生方もそのことは心しておられますので、どうぞご安心ください。

Q2.参加準備について

服装や道具など、事前の準備が必要でしょうか? また、本などを読んで予習をしておいた方がいいですか?

何のご準備もなく何もお持ちにならずとも結構です。ゆったりとした動きやすい服装でご参加ください。メソッドによっては敷物など若干のご用意も必要になるかも知れませんが、その際は事前にご案内さしあげます。参考資料などを事前にご案内・ご提供することもございましょうが、基本的に、お体ひとつで当日お越しいただけましたら幸いです。

Q3.部分参加について

希望回を選択しての申し込みは出来ませんでしょうか?

《こころとからだの学校Skole》は、構成された有機的な繋がりをもった内容を受講して頂くスコーレ(学校)となっています。つきましては、原則的に、設定された回通しのお申し込みとなりますことに、ご理解・ご了承を賜わりたく存じます。なお、講座によっては「部分参加」可のものもございます。おのおの詳細をご参照ください。

Q4.休まざるを得ない場合

体調が思わしくなかったり、急用が入ったりで、参加できなくなった場合、払い戻しは可能ですか?

上記Q3のようなポリシーに拠りまして、あいにくご欠席分の払い戻しは出来ません。代わりに、講師のご用意された(あるいは当日に案内のあった)参考資料なども、ご提供いたします。

Q5.参加費について

クレジットカードでの支払は可能でしょうか?

お支払い方法として、カード決済の選択をご用意します。お申し込み後、担当の者から手続きのご案内を差し上げます。
※なお、お支払い後のキャンセルは不可となります。(お申し込みからお支払いまでの間は、ご辞退を承ります。ただしその旨ご一報ください。)

個人情報の保護について
当サイトは、運営するホームページにおいて利用者から寄せられる問い合わせや申し込み等を通して提供された個人名、住所、電話番号、電子メールアドレスなどの個人情報を厳重な管理のもとに、保存・利用を行っております。

個人情報は、利用者の問い合わせや申し込み等に対する当サイトからの回答・連絡、また、関連する催しの告知やお知らせなど、限られた範囲のみで利用し、法令の規定に基づき、裁判所などの機関より個人情報の開示が求められた場合を除き、利用者ご本人の同意を得ず無断で第三者に提供する事は一切ごさいません。

[内容の確認]ボタンを押して頂くことで、上記に同意いただくことになります。

ボタンを押して頂きますと、すぐに、ご記入いただいたアドレスへ自動返信メールが送られます。24時間内に自動返信メールが届かない場合は、「迷惑メール」フォルダをご確認いただきまして、そこにも不着の際は、お電話を頂戴できますでしょうか――【Tel.06-6231-9090 : スコーレ担当】