スコーレ SEASON 3 ダイアリー3(6月14日)

スコーレ Diary

第3回 2018年6月9日

(池見 陽さん)

 

○ 今日ここでの気づき あたらしい学び

・ 観我フォーカシング  [匿名]

・ 「アニマルクロッシング」が楽しく、自分について知ることができた。  [匿名]

・ はじめてのフォーカシングでした。まだまだ不思議な感覚ですが、毎回、終わってから気づいていくので、今回もたのしみです。  [匿名]

・ フォーカシングの講義、よくわかりました。カウンセリングのなかで、言葉にならないものを言葉にしようと努力する人は、カウンセリングに満足勘(なにか変化があった、あるいはスッキリしたという)が高いのだろうと思いました。私のなかで、クライエントさんもカウンセリング歴が長いと、語り方が上手だなぁと思っていましたが、それを言い当ててもらったようでした(ちょっとまだぴったりしませんが)。  [匿名]

・ 「からだの感じ」という表現にずっと違和感があったのですが、「『からだで感じる』とは意識を向ける対象が違ってくるからだ」という説明でスッキリしました。  D.A.

・ フォーカシングはまだ二度目の体験ですが、毎回、自分の状況に対する気づきがあります。ありがとうございます。  T.M.

・ 体で感じる。対象を意識する(あることを忘れない)。言葉にならない“何か”を言葉にしようとする。  T.J.

・ 「下記と同じ」からだを通して体験していくと、体で覚えているので記憶(?)に残りやすいと、しみじみ……。  M.K.

・ フォーカシング、何の予習もなく飛び込みましたが、何となくですが、自分のために使っていけそうな気がしました。  Y.H.

・ 「古池や……」のお話、面白かったです。説明がやさしく、しっくりきました。  H.S.

・ 言葉にならない感覚に気づくときの、体の感じではなく、体で感じる。この「の」と「で」の違いが、意識の向け方が大きく違うことに、改めて気づきました。  F.N.

 

○ 印象に残った言葉・気持/動き・感覚など

・ 慈悲 感謝  [匿名]

・ フォーカシングも観我も、たいへん気づきが多く、従来のカウンセリングよりも短い時間で自分を見つめることができるなと思いました。  [匿名]

・ 自分に「お元気ですか?」と問いかける → 自分を見つめる → ちょっとどこかに置いておく。おもしろいと思った。  [匿名]

・ 観我での「自分のいろんな我と戦わず感謝や慈悲」は、とても良かったです。  [匿名]

・ 新しいプロセスが新鮮でした。ありがとうございました。  N.I.

・ “カラダで感じる”と“カラダの感じ”の違いがよくわかり、理解できました。  T.M.

・ 自分の“我”をみること。   T.J.

・ からだ“の”感じではなく、からだ“で”感じる。とても分かりやすいと思いました。  M.K.

・ 村上春樹さんはいちばん好きな作家なのですが、著書がフォーカシングに近いということに、おどろきました。  Y.H.

・ 観我のワークで、自分に慈悲を与えました。心が軽くなりました。  H.S.

・ 池見先生のセッションに出たい気持が今日はあったのに、なぜだか「ドキドキ」する私がいて、このどきどきは久々だったので、ちょっと観我したかったのですが、いざペアでセッションするときには、どこかへ隠れてしまい、ちょっぴり寂しい気分です。「おーい」「どこへー」と声をかけたのですが、返事なしでした。  F.N.

 

 

○ 今回の講師に伝えたい感想

・ フォーカシングの基本がよくわかりました。  [匿名]

・ 自分に対する思いやりが大事だと思った――「私は健やかで幸せでありますように」。観我は先生だからできるだろうと思っていたけど、二人でも気づきがあり、びっくりしました。感動でした。  [匿名]

・ 初め、先生の優しい、ゆっくりのお話の仕方について行けず、前半ねむくなってしまったのですが、途中からクリアになり、とても入りました。ありがとうございました。  [匿名]

・ ありがとうごさいました。フォーカシングをどこか恐れていましたが、とても温かい心地良いものでした!  [匿名]

・ 観我Focusingは、Acknowledgeをていねいにする感じなのかなと思いました。   D.A.

・ 次の回も楽しみにしています。よろしくお願いします。  T.M.

・ いつもありがとうございます! これからもいろんなフォーカシングを体験していきたいです。  M.K.

・ とてもわかり易いお話しの内容、それに間のとりかたが、心地良かったです。   Y.H.

・ どの説明も心にストンと落ちました。ありがとうございました。  H.S.

シェアをするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone