明日が変わる6つのメソッド 第Ⅲ期 2018 method 1 覚める

2018年4月14日
無心のマインドフルネス
~夢のなかに留まるか 夢から覚めるか~

“くつろぎ”とネガティブ・ケイパビリティ、
そして…「何もしない」覚醒の境地へ。

藤田一照

「……私と他のすべての存在がさらに幸福になるために、からだとこころは一つであることを理解し、自分の性的エネルギーを適切に扱うことを学び、真の愛の四つの基本要素を育てます。真の愛を実践すれば、それがすばらしいかたちで未来につながっていくと信じます」〔ティク・ナット・ハン〕――たとえば経済活動についても、個人的欲望の充足という域を超えて、マインドフルネスの実践として新たな意味づけと行動の指針を打ち出すことができるはずだ、と考えられます。〔藤田一照「無心のマインドフルネス」:『進化するマインドフルネス』所収――創元社, in printing〕

藤田一照

●プロフィール
藤田一照藤田一照(ふじた・いっしょう)
東京大学大学院で発達心理学を専攻。坐禅に出会って得度。33歳で渡米し、17年にわたりマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅指導。
帰国後、神奈川県葉山の茅山荘を中心に、全国各地やオンラインで坐禅の指導にあたる。曹洞宗僧侶・国際布教師・曹洞宗国際センター所長。日本マインドフルネス学会理事、日本ソマティック心理学協会顧問。
2016-2017年《明日が変わる6つのメソッド》にて大好評。


■藤田一照 公式サイト http://fujitaissho.info/
■磨塼寺(ませんじ)|藤田一照のオンライン禅コミュニティ https://masenji.com/