明日が変わる6つのメソッド 第Ⅲ期 2018 method 6 聴く

2018年9月1日
傾聴・フォーカシング
~言葉にならない感覚に焦点をあて、耳を傾ける~

池見 陽

聴き手が傾聴してくれる中、話し手は自分が感じていることにフォーカスしていきます。邪魔にならないように、そっと静かに耳を傾ける、あるいは理解したことを伝えて確認してみる。「お話を聴いていて、私はこう感じましたが、いかがでしょうか?」話し手は自分が話した言葉と感じていることの差異に気づいています。なかなか本当に感じていることは言葉になりません。聴き手と一緒に言葉探しの旅に出かけていくような、そんなひとひとを過ごしましょう。

池見 陽

●プロフィール
池見 陽池見 陽(いけみ・あきら)
ボストン・カレッジで心理学・哲学を、シカゴ大学大学院でジェンドリンのもと、フォーカシングを学んだ。帰国後、心療内科や精神科クリニックに勤務。フォーカシング指向心理療法を実践教育している。
The Focusing Institute 評議員。日本フォーカシング協会の設立者の一人で、日本人間性心理学会や WAPCEPC の理事なども務めた。
臨床心理士、関西大学臨床心理専門職大学院教授。


■Akira Ikemi, Ph.D. 池見 陽 http://www.akira-ikemi.net/