6methods 2nd, 02 マインドフル瞑想(0513)

《明日が変わる6つのメソッド》第2回 

プラユキ・ナラテボー先生

受講生のダイアリー

 

 

■ 今日ここでの気づき あたらしい学び

○苦はなくなるものではなく、また新たな苦はやってくる。ちゃんと見ていくことが大事。  K.M.

○OK! パッ!   N.I.

○「気づきがあれば、変えていける」  T.H.

○新しいものが出来たら、また逆に難民も出来てしまう、というのにビックリでした。  Y.U.

○色々な瞑想を為て、心は様々な刺激に簡単に影響されてしまうけれども、またすぐに「今ここ」に戻る方法のひとつを学ばせていただいたと思います。また、病気のせいで呼吸を感じるのが苦しくなりましたが、今は心よりも体のケアが必要だと実感できました。  T.O.

○どんなことも素晴しい縁になる!

○行動瞑想、初体験でした。自分の身体(特に足のうら)がいかに不安定か、気づきました。

○自分の理解が人への理解につながることがわかりました。

自分を大切にすることが、人を大切にすることになる。

○智慧も大切ということ

○新たな瞑想が学べてよかったです。

○縁

○シンプルなことをやると、自分の中にあるごちゃごちゃしたものに焦点が向けやすかったです。

○集中するめいそう/気づくめいそう  のちがいがよくわかった。

○色々と浮んでくるのは、そういうシステムなのだと思いました。それをどうするのか、自分で選択するということが、苦しみから抜ける方法ということが、学べました。

○歩くワークのなかで、歩くってなんだか難しいと、とても感じました。難しいと気づき、そしてもっと楽しく歩きたいと色々とやってみました。善きものにしたいと思っている私に出会いました。

○意識はいろいろなところに変えていけることを体験しました(居間ここに戻すことができると)。

歩行より手動のほうが自分は好きかも。日々にとり入れたいです。

苦のサイクルについても、新しい学びであり、そこにまきこまれない実践をしたいです。

○「気づく・受け取る・理解する」ことにより自由に生きられるとうことを学びました。

「反応」するのではなく「対応」するという学びが、とても今の私に響きました。

○仏陀の教えをわかりやすく教えていただき、仏教をむずかしく捉えすぎていたような気がします。

○瞑想している時に、ふっと何かにとらわれる瞬間の自分に気づけて、楽に手放すことができました。

○自分を責めるのではなく、気づいてあげること。

そして次のアクションを良い方向に向けて選択すること。

すぐに実践したいと思います。心が軽くなりました。

 

 

■ 印象に残った言葉・気持/動き・感覚など

  • 「構えをつくらない」 「反応」ではなく「対応」  K.M.
  • なんでもOK!  気づき→より良い選択へ  N.I.
  • 「良き」に触れ、良き縁となし、良き縁となる」

プラユキさんの軽やかさが、人を追い込まないなぁと感じました。「全部OK」の軽やかさ。  T.H.

  • 最後に「縁」についてお話しいただきましたが、とても心に響きました。臨床を続けていくうえで、心にとめておきたいお話でした。  T.O.
  • 自分の心の動き、今ここにある意識の大切さ。  Y.U.
  • とても楽しく学びました。最初、導入や瞑想ワークの時はとてもソフトで、お話はテンポがあり、おもしろく、ワクワクしたり落ち着いたり、心の動きがたくさんありました。  K.M.
  • 不安定な歩き方の時、「良い歩き方」をしてよいと言われ、“良い”は身体が知ってるかなと思いました。
  • 求不得苦
  • ふつふつうかんできたこと…  OK!! パッ!!
  • 先生の言葉は生きていると感じました
  • 戒・定・慧・コントロールをはずして、気づきに得ること。
  • 選択していける
  • 全てオッケー。 パーは開かれるのがいい。
  • 「縁」がめぐってゆくこと。
  • 手動瞑想がおもしろかった。 家でもやろうと思います。
  • 「クルクルパー」  ついつい自分の心を負のスパイラルで縛りがちになる私を解放する、おまじないにしようと思います。
  • 苦しみがあることと、苦しむことは、別。 「縁」いつか私も「よき縁」となりたいです。
  • 先生の何回かの「OK! いいんじゃない~」に、とても心が軽くなりました。
  • 苦しみから自由になる方法。
  • 気づく  うけとめる  理解する
  • 雑念を「よしよし」する感じで… 心にすっと入ってきました。

良き縁にふれ、良き縁となし、良き縁となる。

最後の縁は自分自身だということを教えていただきました。

 

シェアをするShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterPin on PinterestEmail this to someone